最新号より100号前のメルマガ

2013-03-02 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.383 平成23年4月7日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 海洋生物「シアノバクテリア」から医薬品

2) 環境ストレスが及ぼす肌老化への影響について改善効果



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】胎児の心臓での増殖と分化



胎児の心臓では特有のタンパク質が働き、心筋細胞の増殖に

一定のブレーキをかけ、心筋への細胞分化を促進して増殖と

分化の両方がバランス良く進むように制御していることを

鳥取大の竹内隆(たけうち・たかし)教授(元三菱化学

生命科学研究所)のチームが世界で初めて明らかにしました。



 心筋細胞を再び増殖させる再生医療や、人工多能性幹細胞

(iPS細胞)から効率良く目的の細胞を作製するのに役立つ

可能性があります。



 細胞は、特殊な機能を持つさまざまな細胞に分化して

いきます。細胞の増殖が活発な時は分化が抑えられますが、

分化が進むと増殖は抑えられます。しかし胎児では成長に

合わせた心臓のポンプ機能が必要なため、分化と増殖の両方

が欠かせません。



 竹内教授らはマウスで、jumonjiというタンパク質が

胎児の発生途中から働きはじめ、増殖を抑えつつ維持し、

同時に分化を進めていることを解明しました。成果は3月

29日付の英・発生生物学専門誌デベロップメント(電子版)

に掲載されました。



 胎児の心臓が9万回~10万回死ぬまで打ち続けるための

工夫がこのタンパク質でしょう。胎児の敵を退治する。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】画期的インフルエンザ治療薬



 富山化学工業は、自社創製のインフルエンザ治療薬

「ファビピラビル(一般名)」の製造販売承認を厚生労働省に

申請したと3月30日発表しました。ウイルスの細胞内での

複製を阻害し増殖を防ぐ新規作用機序の薬剤です。成人の

A/B型インフル治療で申請しており、小児適応は承認取得後

に開発を検討します。



「タミフル」など既存の4製品は、いずれも細胞からのウイルス

放出を阻害するノイラミニダーゼ阻害剤です。ファビピラビルは

RNAポリメラーゼ阻害剤で、臨床試験では1日2回を5日間

経口投与し効果を確認しました。非臨床試験ではノイラミニダーゼ

阻害剤の耐性ウイルスや、鳥由来の高病原性ウイルスに効果を示す

ことも確認されました。



 心機一転、新規のインフルエンザ治療薬。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 胎児の心臓はひとときも休むことはあり得ません。

もし休んだら死んでしまいます。そのような死を

起こさないために増殖を維持しながら分化を促進

するという機構が存在するのでしょう。開発名T-705

(ファビピラビル)は長い間世にでるのを待っていた

薬でした。動物実験では、高病原性ウイルス(H5N1型)

にかかっていても薬の投与を行うことで97%程度の

生存率が維持できたと聞いています。高病原性ウイルス

(H5N1型)のパンデミックが起こる前に上梓して

欲しいものです。



 文化が分化する。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント