美しい肌Vol.57

2013-03-31 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(カロテノイド



→アスタキサンチン)



アスタキサンチンはカロテノイドと言われる



天然の色素の一種です。カロテノイドの種類



は大変多く600種類以上が知られています。



カロテノイドは緑黄色野菜の色が代表的で、



赤や黄色,オレンジ色をしています。



カロテノイドはアスタキサンチンの他、



リコピンやルティン,βカロテン,



ゼアキサンチンなどがあります。



アスタキサンチンはサケやイクラ,エビ,かに



などの赤~橙色の色素です。ヘマトコッカス藻



という藻類からアスタキサンチンを抽出すること



が可能になったためサプリメントや化粧水,



クリーム,美容液などの化粧品にアスタキサンチン



が添加されるようになりました。



アスタキサンチンはカロテノイドの中でも抗酸化力



が強く、特に紫外線に当たったときや細胞内の



ミトコンドリアでエネルギーを生成するときに



発生してしまう活性酸素「一重項酸素」の消去に



効果を発揮します。活性酸素(特に一重項酸素)



の消去能力はトマトの色素リコピンに次ぐ強さ



があります。本によっては、トマトのリコピンを



凌ぐ抗酸化力をもっていると書いてあるものも



あります。一重項酸素は肌が紫外線に当たった時



に発生する活性酸素です。肌に発生する活性酸素は



シミやシワ,たるみなどの原因になります。



アスタキサンチンを配合した化粧水やクリームなど



の化粧品で肌の抗酸化をするのは活性酸素対策



として有効でしょう。



アスタキサンチンは魚ではサケやタイ,キンメダイ,



鯉,イクラなど。甲殻類ではエビやかになどに多く



含まれています。エビやカニに含まれる



アスタキサンチンは生きているときはタンパク質と



結合しているため冴えない色をしていますが、



加熱するとタンパク質とアスタキサンチンが分離



して本来の鮮やかな赤色となります。



アスタキサンチンは加熱すると鮮やかな赤色になる



のが特徴です。マグロなどの赤身は加熱すると赤く



ならないのでアスタキサンチンではありません。



魚やエビ,かになどの甲殻類に含まれる



アスタキサンチンはもともと植物プランクトン



が作ったものです。それをオキアミが食べ、



他の魚がさらに食べることで食物連鎖により蓄積



されると考えられています。



アスタキサンチンは鮭の切り身(100g)に



約3mgはいっています。LDLコレステロールの



酸化防止には最低1日0.6mg。眼精疲労回復には



1日6mg程度が必要と考えられています。



アスタキサンチンは食べ物から摂取するのが自然



です。日常的にアスタキサンチンが簡便に取れる



食品としてはサケが一番ですね。オキアミやエビ、



カニを毎日食べるのは難しいと思います。ただ



サケを食べる時は、うす塩のものにして、塩分の



摂取量を少なくするという配慮が必要です。



アスタキサンチンは親油性ですので、油分と一緒に



摂ると吸収がよくなります。



アスタキサンチンなどのカロテノイドは単体で摂る



よりも、様々な種類を一緒に摂る方が効果的です。



カロテノイドではアスタキサンチンの他、リコピン



やβカロテン,ルティン,アントシアニンの他



ビタミンC,ビタミンE,亜鉛,銅,鉄,マンガン,



セレニウム,コエンザイムQ10などのビタミン・



ミネラル・補酵素などが同時に存在したときに最も



強い抗酸化力を発揮します。



今回は、ここまでとさせて頂きます。



鮭を避けないで!笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.58

2013-03-31 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(多糖



→β-グルカン)



β-グルカンとは、主に霊芝をはじめとするキノコ類



やパン酵母の細胞壁に含まれる成分です。世界の研究



機関では、パン酵母から抽出したβ-グルカンについて



の多くの研究が行われており、β-グルカンは健康維持



に役立つ機能性食品として知られています。



肌には、細菌やウイルスなどの病原体が体内に侵入して



こないよう、防御するための免疫機能が備わっています。



しかし、ストレスや疲労をを強く感じたり、睡眠不足が



続いたりすると、肌が本来持っている免疫力が低下し、



病原体が毛穴や傷の部分から侵入しやすくなります。



これらが、にきびや吹出物ができる原因のひとつです。



皮膚は、病原体が体内に侵入するのを防ぐという重要な



バリアの役割を持っています。しかし、免疫力が低下



すると、こうした病原体を撃退する働きが低下するため、



にきびや吹出物といった皮膚トラブルが起きやすく



なります。免疫力は20代をピークに徐々に低下して



いきます。さらに、過度のストレスや偏った食生活、



睡眠・運動不足などが続いていると、免疫力はますます



低下してしまいます。



そして、そのような悩みを解消してくれるのが、免疫力



を高める成分として注目を集めているの「β‐グルカン」



です。別名グリコプロテインとも呼ばれており、



タンパク質と多糖体がバランスよく結合してできる



糖タンパク質です。



β‐グルカンはマイタケやシイタケなどのキノコ類に



多く含まれ、にきびや吹出物といった肌トラブルを防ぐ



だけでなく、血糖値を下げたり、利尿効果を高めたり、



血圧をコントロールしたり、血中コレステロールと



中性脂肪値を低下させる働きなどもあります。さらに



抗ガン作用も備えており、マイタケの成分である、



Dフラクションというものが、アメリカ合衆国では、



抗がん剤としてFDAに臨床試験が認可されています。



(現在臨床試験中)今回は、ここまでとさせて頂きます。



酵母の使い方を公募する。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.59

2013-03-31 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(配糖体→サポニン)



美しさが損なわれる時というのは、身体の機能に



何らかの問題がある場合が多いといえます。無理を



してお仕事がんばりすぎたり、心配ごとで夜眠れ



なかったりすると、お肌の老化が進み、肌年齢が



進行してしまいます。サポニンは、



身体の機能をバランス良く調整する作用があります。



特に、お肌の良好な状態を保つ為に重要な役割を



持つのが、代謝と血液の循環の改善です。



「お肌のターンオーバー」というのは、新陳代謝



により一定期間で新しい細胞が生まれ、古い細胞と



入れ替わります。 お肌のターンオーバーは、



22寺~深夜2時に活発に行われると言われ、 この



時間は「お肌のゴールデンタイム」



「シンデレラタイム」と呼ばれています。この間に



ぐっすり眠って、成長ホルモンを分泌させ、新陳代謝



を図ろうというのが、今までの通説でした。しかし



夜10時に、問題なく眠りに入れる人がどれだけ



いるのでしょうか?眠くないのにベッドで身体を



横たえていても、ただ眼が冴えるだけという気が



します。そこで22時~深夜2時にこだわることなく



睡眠をとり、なおかつ入眠後3時間は、しっかり眠る



という睡眠の取り方を、睡眠の専門家は薦めています。



入眠後3時間で成長ホルモンの分泌は、ピークに



達するので、その際深い眠りに入っていると新陳代謝



がうまくいくというわけです。



睡眠不足によって満足に眠れない場合などは、まず



睡眠を改善することをおすすめします。 良好な血液



の循環というのは、老廃物や毒素などを排出するのに



不可欠です。 女性は、冷えやむくみで悩む人が多い



です。そのような状態は、老廃物が蓄積されることが



一因となっています。 老廃物が溜まってしまうと、



お肌のハリやツヤがなくなり、老化が進み、肌トラブル



が起こりやすくなります。サポニンの血行



を促進する作用で、お肌の改善、冷え性やむくみの改善



が同時にできます。 なんといっても、高麗人参



には全身のバランスを整える、サポニンをはじめとする



豊富な栄養分が含まれているのがポイントです。



全身の器官が正常に機能すれば、



肌トラブルも起こらずに、若々しいお肌を維持すること



が出来るはずです。トップ韓国女優のチェ・ジウさんは、



高麗人参を皮を剥かずに干した紅参を煎じたものを、毎朝



飲んでいるそうです。サポニンには、高い鎮静作用が



あるので、イライラを効果的に鎮めることでストレスが



原因の大人ニキビを予防してくれます。また、ストレス



によって影響を受けやすい副腎皮質の機能も正常化する



ので、副腎皮質ホルモンが正常に分泌されて免疫力も



高まり、アレルギーによるカサカサ肌も解消されます。



お肌にいいことずくめのサポニン=高麗人参ですので、



ちょっと苦くて刺激的な味がしますが、美しくなるため



の試練と受け止めてチェ・ジウさんのように毎朝飲んで



みたらいかがでしょう。本日は、ここまでとさせて頂き



ます。



基幹の機関が帰還しない。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.54

2013-03-30 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(カロテノイド類



→ルテイン)



ルテインとゼアキサンチンは眼の水晶体や黄斑部



に存在する主要なカロテノイドであり、ルテイン



が不足することで加齢黄斑変性(AMD)や白内障



などの眼疾患の発症リスクが高くなることが



分かっています。



ルテインは、肌の細胞を構成する成分の一つです。



例えば、コラーゲンなどが年齢を重ねるごとに



肌から失われていくことは知られていますが、



ルテインも酸化や紫外線から肌を守る作用に



より消費されます。もともと肌に備わって



いて消費されてしまったルテインを補給する



ことで肌の細胞を再生し、肌本来の状態や機能を



整えることが可能となります。



ルテインの摂取が皮膚の健康維持に重要な水分量



の増加を促し、脂質量のバランスを整え、弾力性



を高め、紫外線から肌を守るという研究結果が



示されています。様々な皮膚タイプの女性を



対象にした臨床試験では、ルテインの摂取・塗布



を行なったところ、被験者の肌の水分量、脂質量、



弾力性、光防護活性ともに増加したという結果が



提示されました。これは、すなわち肌年齢が若返った



ということですね。ルテインはほうれん草や



ブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれている



成分です。以前の研究の結果から、1日あたり



6~10mgのルテインを摂取すると眼や肌の疾患に



かかるリスクが減少するそうです。



これは生のほうれん草の50~80gに含まれる量



ですが、サラダボール2杯分以上の量となります。



また、1日あたり10mgのルテイン摂取で



加齢性眼疾患の治療の可能性を示唆するという



結果が示されています。



今回はここまでとさせて頂きます。



ほうれんそうとは、報告、連絡、相談のことで、



ポパイが喜びましたとさ。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.55

2013-03-30 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(ステロイド



→フィトステロール)



植物ステロール(Pytosterol:フィトステロール)とは



植物に含まれるステロールの総称です。動物由来の



ステロールをコレステロール、植物由来のステロール



を植物ステロールと呼びます。



植物ステロールはβシトステロール,カンペステロール,



スティグマステロール,ブラシカステロールなど40種類



以上のステロールの混合物です。食品では野菜や果物,



食用油などに含まれおり、料理用油やマーガリンなどに



添加されることがあります。食用以外にも化粧品に添加



されることがあります。液体オイルに溶かして角質層に



なじませると、すんなりなじんで、水分の蒸発をしっかり



防ぎます。この働きを生かして、乾燥から肌を守る目的で、



乳液やクリーム類などに配合されています。



植物ステロールには、悪玉コレステロール値を低下



させる効果,前立腺肥大による排尿障害の改善効果と



上記のような肌の水分量を保持する効果が



あります。植物ステロールは総コレステロール,



LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値を下げる



効果がありますが、中性脂肪,HDLコレステロール



(善玉コレステロール)値には影響を与えません。



LDLコレステロール(悪玉コレステロール)は、肝臓



から全身の血管にコレステロールを配る働きがあります。



HDLコレステロール(善玉コレステロール)は、逆に



全身の血管から、肝臓にコレステロールを集める働きが



あります。当然、LDLコレステロールが悪玉と言われる



ゆえんは、全身の血管にコレステロールを配って動脈硬化



を促進するからに他なりません。高コレステロール血症の



治療の指標は、LDLコレステロールだけではありません。



LDLコレステロールが低くても、HDLコレステロール



が更に下がっていると高コレステロールは、改善されたと



言えないわけです。そこで一般的には、治療の指標を



LDLコレステロール÷HDLコレステロールという比の



値で考えなければなりません。



植物ステロールを摂るには、植物ステロールが配合されて



いる料理用油(健康サラダ油など)やマーガリンからとる方法



と、サプリメントから摂取する方法があります。食用油や



マーガリンは毎日の食事の中で気軽に取れるのが魅力ですが、



一定の量を長期間にわたり摂るのは難しいです。



コレステロール値を下げる効果を期待する場合の摂取量の



目安は1日1,000mg程度です。ちなみに日本人が食事から摂る



植物ステロールは1日に100mg-400mg程度です。



食品から摂取されたコレステロールは小腸で吸収されます。



その際コレステロールが胆汁酸ミセルにより可溶化され



なければなりません。植物ステロールはこの過程を阻害する



働きがあり、コレステロールが小腸から吸収されるのを



防ぎます。その結果吸収されるコレステロールが減るため、



血中のコレステロール値が低下していきます。



植物ステロールには一般的には特に問題となる副作用や



健康被害はありません。ごくまれに大量摂取で下痢や便秘



などの消化器症状がでることがあります。脂溶性ビタミン



(ビタミンEやビタミンAなど)の吸収を阻害する作用が



あります。併用する場合は数時間あけて摂取した方がよい



でしょう。薬との飲み合わせは問題ありません。ただし



高コレステロール血症の治療薬を服用している場合は、



主作用が強くでることがあり、注意が必要です。



家庭の中の仮定の話。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.56

2013-03-30 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

$町医者のブログ



ファイトケミカル各論(ω-3系不飽和脂肪酸



→αリノレン酸)



ω-3系不飽和脂肪酸と言えば、青魚じゃないの!という



声が聞こえてきそうですが、青魚だけじゃありません。



ファイトケミカルとしてのω-3系不飽和脂肪酸は、



えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、



豆類などの食品から摂取可能であります。ヨーロッパ



の内陸部で青魚を食べられない環境にある人々は、



くるみでω-3系不飽和脂肪酸を補ってきたといわれて



います。ω-3系不飽和脂肪酸は、原則、加熱と酸化に



弱いということを頭に入れておいて下さい。加熱調理



よりもドレッシングなどに使うのがよいそうです。



亜麻仁油やゴマには、女性ホルモン様物質リグナンが



含まれています。リグナンはポリフェノールの一種で、



抗酸化や更年期障害の改善、善玉コレステロールの



増加に効果的です。イソフラボンと同様に、



植物エストロゲンと呼ばれています。リグナンについて



は、ゴマの項で詳述しました。アマニ油には、体内で作る



ことのできない必須脂肪酸、α-リノレン酸が豊富に



含まれます。現代の食事では不足しがちといわれている



α-リノレン酸は、体内でDHAやEPAに変換され、



中性脂肪を減らしたり、善玉コレステロールを増やす



作用があります。善玉コレステロール



(HDLコレステロール)を増やす物質は、α-リノレン酸



とリグナン以外にほとんどない(薬もない)



といわれています。アレルギー疾患にも効果があるとの



ことです。α-リノレン酸はω-3系の不飽和脂肪酸であり



リノール酸は、ω-6系の不飽和脂肪酸です。またオリーブ



オイルの主成分のオレイン酸はω-9系です。ω-6系の



不飽和脂肪酸は、アレルギーを促進したり、脂肪の合成



を促進したりと、ω-3系の不飽和脂肪酸と真逆の作用が



あります。ω-3系とω-6系の理想の摂取比率が1:4である



のに現実は1:40程度の摂取比率となっているようです。



オリーブオイルをはじめとするω-9系の不飽和脂肪酸は



熱に安定であり、かつω-3系と作用が似通っています。



そのため熱を加えた調理に最適です。本日はここまでと



させて頂きます。



雪舟の絵が接収された。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.51

2013-03-29 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(イソチオシアネート類→スルフォラファン)



ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファン



は驚異的な抗酸化作用を持っています。スプラウトと



いうのは、新芽のことです。もやしやカイワレ大根を



思い浮かべて頂ければ、イメージしやすいのでは



ないでしょうか。スルフォラファンが一躍注目を



集めたのは1992年です。米国ジョンズ・ホプキンス大学



のポール・タラレー博士が、ブロッコリーに多く



含まれる成分に抗がん作用があることを発見しました。



それがこのスルフォラファンという物質です。



博士はさらに研究を進め、1997年には、ある特定種の



発芽3日目のブロッコリーには、成熟ブロッコリーの



20倍~50倍の量のスルフォラファンが含まれている



ことを明らかしました。このブロッコリーの新芽である



ブロッコリースプラウトを一度食べると3日間、その



抗酸化作用が持続します。効果持続時間が長いだけ



ではなく、皮膚の細胞のターンオーバー(入れ替わり)



を早めて、シミやそばかすの原因となるメラニンの



生成を抑制します。まさに、美肌に最適な食べ物と



いえましょう。発売当時はカイワレより小さいうえに



少し高めで、倹約を試みている人にとっては、



全く買えないものでした。しかし、最近手頃な値段に



なった上に、効果がとても高いので、持続作用から



3日に1食くらいのペースでも、十分な栄養効果が



得られます。しかし、スルフォラファンは、



熱に弱いので加熱すると簡単に分解されてしまいます。



そこで、ブロッコリースプラウトをサラダにして



食べると熱による損失を考えなくてもよくなります。



スルフォラファンは、親油性の物質なので、吸収を



よくするためには、牛乳やマヨネーズなどの食品と



一緒に摂取することをお薦めします。さらに



スルフォラファンは紫外線によるシミ予防効果が



あります。日差しの強い季節や、スキーや



スノーボードなど雪山へ行く前に食べておけば、



体の内側からも紫外線の有害な作用をブロックして



くれます。また、デトックス効果(有害物質を排除



する力)が高く肝臓の働きを改善するので、顔の血色



(循環)も良くなり、お化粧のノリも良くなります。



スルフォラファンの解毒効果が発揮されるには1週間



で約200mgの摂取が必要だといわれており、これは



成熟ブロッコリーで約1600g(約4株分)、ブロッコリー



スプラウトなら約200gに相当します。



今回は、ここまでとさせて頂きます。



欠食児童は、思いのほか血色がよかった。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.52

2013-03-29 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(システインスルホキシド類



→メチルシステインスルホキシド)



ニンニク・ネギに含まれる辛味や香りの基です。



免疫細胞を活性酸素から守り、がんの発生、増殖を



防ぐ働きを持っています。含硫アミノ酸



(硫黄の入った)アミノ酸です。ヒトを対象とした



試験で、ブロッコリーやキャベツ由来のSMCS



(S-メチルシステインスルホキシド)をのんで



コレステロールが低下する作用が確認されており、



SMCSを含む野菜飲料が、「コレステロールが気になる



方や高めの方に適する」という内容の特定保健用食品



の表示許可を取得しています。活性酸素から守られる



のは、免疫細胞だけではありません。皮膚の細胞も



活性酸素から守られ、美肌となるはずです。直接的な



抗酸化作用をもつ、リコピンやβ-カロテンほどの



抗酸化力はないものの、脂質の低下作用や胃の粘膜を



守り、炎症や潰瘍を和らげ痛みを取り去ります。



胃潰瘍や十二指腸潰瘍の改善にすぐれた効果があると



いうことです。今回はここまでとさせて頂きます。



高価な硬化の効果が降下した。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.53

2013-03-29 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(スルフィン類



→アリシン・アホエン)



アリシンはニンニクやタマネギが自生している状態



では存在していませんが、刻んだり傷つけることで、



アリインが酵素アリナーゼと反応してつくられる



硫黄化合物の一種です。ニンニク・ネギ・タマネギ



などのユリ科ネギ属の植物が傷ついた時にできます。



強烈なニオイや涙の元となっている物質です。



このニオイがスタミナと関係があるように考えられて



きましたが、スタミナの正体はニンニクに含まれる



スコルジニンでした。



ニンニクは加熱などでアリシンが分解されて、



ジアリルジスルフィド(diallyl disulfide)となり、



にんにくの強烈な匂いとなります。タマネギでは



アリシンが酵素により硫化アリルとなります。



タマネギを切ったときに涙がでるのは、硫化アリル



が原因です。



アリシン・ジアリルジスルフィド・硫化アリルなど



をまとめてアリル化合物といいますが、水溶性、



揮発性、熱に弱い性質を持っているため、切った



タマネギを水にさらしたり焼いたりすると抜けて



しまします。また、タマネギを冷やして切ると



揮発しにくくなるため、涙を出さずに済ませること



ができます。このようなことで、加熱調理や



すり潰して長時間放置するなどで、アリル化合物



の効果に違いが出ます。アリシンには、ガンを防ぐ



(発ガン抑制)強力な抗酸化作用があります。また、



アリシンは食用油などに溶けると、アホエンという、



これもまた硫黄化合物がですが、このアホエン



には抗ガン作用の他に、血栓を予防・改善する作用、



記憶力改善作用が報告されています。いずれも強い



抗酸化作用によるものです。血栓を予防・改善する



作用は、血流の増加をもたらし、皮膚の血流も増加



して美肌を作ります。今回は、ここまでとさせて頂き



ます。



食用油で食養する。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.48

2013-03-28 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(フェニルプロパノイド→



セサミン・セサミノール)



ごまは、漢方薬でも滋養強壮薬として用いられ、



疲労回復、肌や髪の美容、乳汁の出をよくし、



若返り、便秘などに効用のあるすぐれた



伝統食品とです。



こうした効能に深くかかわっているのが、



ゴマグリナンです。ゴマグリナンとは、ごまに



含まれる抗酸化物質の総称で、セサミノール



のほか、セサミンやセサモリンなど多種類



あります。水溶性の抗酸化物質の代表である



ビタミンC、カテキン、アントシアニンなどは



血液中の活性酸素を撃退しますが、肝臓までは



到達できません。それらは、水溶性であるため、



脂溶性の細胞膜を通過することができないため



です。それに対し、ゴマリグナンは血液中では



力を発揮せず、肝臓に到達してはじめて



抗酸化作用を発揮するので、肝機能の改善には



ゴマリグナンが最適といえましょう。リコピン同様、



吸収には、油と水の両方の性質をもった、牛乳



やマヨネーズと一緒に摂取することが理想です。



最近、ゴマリグナンのうち注目されているのが



セサミンで、肝臓の機能向上作用や肝臓がんの



発がん抑制作用、過酸化脂質生成抑制作用など



が認められています。ごまそのものより、



ごま油の方がセサミン・セサミノールをたくさん



含んでいます。肌の水分・油分・弾力を取り戻し、



美肌になる効果があります。肝機能が向上し、肌の



細胞の代謝を促進するためです。ゴマリグナンには



肝臓で脂肪の分解を促進し、脂肪を燃焼しやすく



する働きもあります。体の細胞には



ペルオキシソームという、脂肪を分解する働きを



する細胞内小器官があるのです。細胞内小器官は、



ミトコンドリアのように元は寄生していた微生物



が、宿主との共生関係を永続的に行うようになった



ものということができます。ゴマに含まれるセサミンが



ペルオキシソームを活性化し、脂質の代謝を高める



ことがわかってきました。またゴマにはビタミンB1



の吸収を高めるミネラルも豊富に含まれます。



今回は、ここまでとさせて頂きます。



まさに、「開けゴマ」笑



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント