最新号より100号前のメルマガ

2012-08-29 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.357 平成22年10月7日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 臍帯血の免疫細胞ががん細胞を死滅

2) 造血幹細胞の維持や増殖を調節する司令塔の役割を果たす細胞



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 臍帯血の免疫細胞ががん細胞を死滅



 ヒトのへその緒にある臍帯血(さいたいけつ)を

もとに作製した免疫細胞が、がん細胞の中に入り込んで

内部から細胞を死滅させたと林原生物化学研究所(岡山市)

が9月15日発表しました。



 こうした現象が確認されたのは世界で初めてということ

です。新たながん治療法の開発が期待されます。



 この免疫細胞は2006年に同研究所が発見し

「HOZOT(ホゾティ)」と名付けました。



 研究で、ヒトのがん細胞とHOZOTをまぜたところ、

HOZOTががん細胞に近づき、侵入しました。



 その後、約2~4時間で徐々にHOZOTが死滅し始め、

同時にがん細胞の生存率も低下しました。死滅した

HOZOTから細胞を死に至らせる物質が漏れ、がん細胞

の構造を壊すのが原因とみられています。正常な細胞には

侵入しませんでした。



 記者会見した同研究所の竹内誠人(たけうち・まこと)

主任研究員は「がん患者の血液で、HOZOTと同様の働き

を持つ細胞を作りだし、治療につなげたい」と話しました。

5~6年後をめどに臨床研究を始めたいと話しています。



 がん細胞がホゾをかむHOZOT細胞。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 造血幹細胞の維持や増殖を調節する司令塔の役割を果たす細胞



 赤血球や白血球のもとになる造血幹細胞の維持や増殖を

調節する司令塔の役割を果たす細胞を、京都大の長沢丘司

(ながさわ・たかし)教授(免疫学)らのチームがマウス

で突き止め、9月16日付の米科学誌イミュニティーに

発表しました。



 造血幹細胞を維持するための細胞(ニッチ)の正体は、

免疫学では長年の謎とされていました。



 長沢教授は「司令塔役の細胞を取り出して培養すること

ができれば、造血幹細胞を増殖するなど、再生医療や、

薬の開発に役立てられる可能性がある」と話しています。



 造血幹細胞が増殖するにはCXCL12と呼ばれる

タンパク質が必要で、チームは造血幹細胞がこのタンパク質

を多く出す「CAR細胞」の突起部分に付着し、未分化な

状態で維持されていることに着目しました。



 実験でマウスのCAR細胞を取り除くと、造血幹細胞の

分化が進んでしまい、2日間で造血幹細胞が約半分まで減少

しました。赤血球やリンパ球も大きく減ったため、この細胞

が造血幹細胞の増殖や免疫細胞を作る司令塔となっている

ことが分かりました。



 司令塔は、死霊塔ではありません。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 がんの免疫療法も臍帯血を使うようになったら、

飛躍的に進歩するかもしれません。今のところ

末期のがん患者さんだけに臨床試験がなされている

ようですが、もっと状態がいい段階で臨床試験が

なされると成績も伸びるのではないかと期待して

います。長らく造血器幹細胞の維持に必要な要件は

謎でした。しかしここまで明らかになれば、再生

医療や白血病などの造血器悪性腫瘍の治療に充分

生かせるものと期待しています。



 がんと臍帯血で再対決。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-08-23 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.356 平成21年9月30日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 骨髄と胸腺の同時移植で2型糖尿病を治療

2) 脳細胞の成長や保護に重要な栄養素となるホルモン



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 骨髄と胸腺の同時移植で2型糖尿病を治療



 肥満など生活習慣の乱れで発症する「2型糖尿病」

を、骨髄と胸腺の同時移植で治療する動物実験に

関西医科大の池原進教授、李銘講師(幹細胞異常症学)

らが成功しました。国内の糖尿病患者の95%を占める

2型糖尿病の発症の仕組みの解明や、新しい治療法開発

につながる可能性があります。9月14日にイスラエル

でのシンポジウムで発表し、近く米医学誌「ジャーナル・

オブ・オートイミュニティ」に論文が掲載されます。



 血糖値を下げるインスリンは膵臓(すいぞう)の

β細胞で作られます。免疫を担うリンパ球の一種、T細胞

が、β細胞を異物と誤認して破壊し、インスリンが枯渇

するのが「自己免疫疾患」の1型糖尿病です。一方、

「生活習慣病」の2型は老化や肥満でインスリンの分泌や

機能が落ちるのが原因とされていますが、近年、2型も

免疫系の異常でインスリンの機能が妨げられることが

原因との説が出ています。



 池原教授は85年、1型糖尿病マウスに骨髄移植をし

発症を抑えることに成功しました。今回、2型で実験を

試みました。2型マウスに骨髄移植をしただけでは効果は

ありませんでしたが、骨髄と胸腺を同時に移植すると

10匹のマウスすべての血糖値が正常値に戻りました。

また細胞の表面でインスリンを受け取る受容体に起きて

いた異常も正常化しました。



 骨髄内の造血幹細胞は胸腺に移動後、T細胞に分化し、

自己細胞を正確に認識するよう「教育」を受けます。

池原教授らは、骨髄と胸腺の機能が両方正常でないと、

この教育プロセスに不具合が起き、2型を発症する可能性

があると指摘しました。同時移植で治療効果が出たと見て

。「2型糖尿病も自己免疫疾患の側面がある証拠を示せた

と思う。より詳しい仕組みの解明が必要だが、治療法への

応用に向け、研究を進めたい」と話しています。



 胸腺の昨日の機能を帰納した。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 脳細胞の成長や保護に重要な栄養素となるホルモン



 細胞の成長や保護に重要な栄養素となるホルモンが、

脳の活動が活発な部分だけに血液中から取り込まれること

を、征矢(そや)英昭・筑波大教授と西島壮(たけし)・

首都大学東京助教らのグループが発見しました。



 脳機能を維持するのに学習や運動などが不可欠である

ことを実証したもので、将来、認知症予防など脳を健康に

保つためのプログラム開発につながると期待されます。

科学誌ニューロン最新号に掲載されました。グループは、

筋肉の新生や機能の維持に重要な役割を持つホルモン

「IGF-1」が脳神経にも作用することに注目しました。

しかし、血管と脳の間には「血液脳関門」という関所

があり、このホルモンが脳に取り込まれる仕組みは謎でした。



 ラットの実験で、ヒゲを刺激すると神経活動が活発に

なる脳の部分だけに、血中からIGF-1が移動すること

を確認しました。神経活動が高まり、脳の血流量が増える

ことが引き金となり、特殊な酵素がIGF-1の分子を

小さくして、脳の関所を通りやすくすることも

突き止めました。征矢教授は「脳の神経活動そのものが

強力な栄養素を取り込み、さらに脳機能が強化される

好循環を生む」と話しています。



 とおりゃんせの歌の通り、通りやすくなるホルモン

「IGF-1」笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 マウスの移植実験の成功だけでは、人間への応用は

まだまだ難しいのではないでしょうか?しかし移植で

糖尿病が治ったというのは、明るい材料であることは

事実です。特殊な酵素で処理したIGF-1を沢山摂取する

と脳の神経活動が活発になるのではと言う気がします。





 文士が反乱分子となる。笑

  

************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。



このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-08-16 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.355 平成21年9月23日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 光合成で心停止後時間の経った移植臓器の機能を回復

2) ゴキブリの脳内抗生物質のヒト感染症への応用



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 光合成で心停止後時間の経った移植臓器の機能を回復



 クロレラの光合成能力を利用し、心停止から時間が経過した

膵臓(すいぞう)内の酸素、二酸化炭素濃度を改善、機能まで

回復させることに、山岡一平・大塚製薬工場主任研究員らの

チームが動物実験で成功しました。世界で初めて動物と植物の

間で、酸素と二酸化炭素のやり取りを実現させた成果で、

心停止後の臓器を移植する道が開かれる可能性があります。

9月11日に宇都宮市で開かれた日本蘇生学会で発表されました。



 チームは、呼吸不全状態にしたラットの腹膜上に酸素が

溶け込みやすい液体とクロレラを入れてLED(発光ダイオード)

を照射しました。低かった血液中の酸素濃度が、光合成を行った

クロレラからの酸素によって高まる一方で、高濃度だった二酸化

炭素濃度はクロレラに取り込まれ、元通りに近づきました。



 また、心停止から3時間放置したラットの膵臓を摘出しました。

同様の仕組みの液体に30分間膵臓を入れ、別の糖尿病のラット

に移植しました。その結果、移植された全6匹の血糖値が改善し、

膵臓が機能していることが分かりました。移植で使われる

臓器保存液に入れた膵臓は、6匹中1匹しか血糖値が改善しません

でした。



 現在、心停止後に移植可能な臓器は腎臓、眼球だけで、それも

心停止直後の摘出が必要です。人に応用できるかどうかは安全性

を含めて調べなければなりませんが、同社特別顧問の小林英司・

自治医大客員教授は「呼吸不全に陥った患者の治療や、心停止後

の臓器提供の機会を増やすのに役立つのではないか。心停止から

の時間が延びれば、家族が別れを告げる時間も十分確保できる」

と話しています。



 光合成では咬合性は調べられません。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 ゴキブリの脳内抗生物質のヒト感染症への応用



 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や病原性大腸菌など、

ヒトにとって致死性のある細菌を死滅させる天然の抗生物質を

ワモンゴキブリの中枢神経系が作り出すという研究が発表され

ました。また、現在までに3種のバッタも細菌を殺す同じ分子を

その小さな脳の中に持つことがわかっています。



 研究の共著者でイギリスのノッティンガム大学の

サイモン・リー氏によると今回の発見は、地球上の動物の80%

を占める昆虫の世界には新しい抗生物質が豊富に存在している

可能性があることを示唆するということです。



 現在、従来の抗生物質に耐性を持つMRSAなどの細菌が引き起こす

複数の感染症の対策が急務になっており、こうした発見は非常に

重要な意味を持つとリー氏は話しています。



「これは有望だと思う。普通は調べないような場所を我々は調べて

いる。私が知る限り、ゴキブリの脳を調べている人はほかにいない。

しかし、新たな抗生物質を見つけるにはこのような研究が必要だ」

ということです。土壌微生物、菌類、人工的に作られた分子など、

「普通に思い付く場所はもう調べ尽くされている」とも話しています。



 リー氏の研究チームは実験室でゴキブリを解剖し、組織と脳を分析

しました。「見た目も嫌だが、臭いもひどいものだった」とリー氏は

明かしています。また、バッタの組織と脳も分析しました。



 ゴキブリとバッタの脳から見つかった9種類の抗菌性の分子を調べた

ところ、各分子が異なる種類の細菌を殺すよう特化していることが

わかりました。この“非常に賢い防御メカニズム”によって、昆虫たち

は極めて非衛生的な環境でも生き延びることができるとリー氏は説明

しています。



 さらに、抗生物質は最も重要な部分である脳の組織にしかないことも

わかりました。例えば脚に細菌が感染しても昆虫は生き伸びられそう

ですが、脳への感染は致命的となる可能性が高いと考えられます。



 昆虫の脳から医薬品が開発されるのはかなり先になるということですが、

希望がないわけではありません。研究チームが昆虫の抗生物質をヒトの

細胞に付加する実験を行ったところ、有害な作用は起きませんでした。



 この研究の予備報告は、ノッティンガム大学で2010年9月6~9日に

開催された英国総合微生物学会で発表されました。



 何億年も生き延びてきたゴキブリの簡単な知恵に感嘆。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 クロレラの光合成によって臓器の機能が回復すると

いうのは、本当に不思議な気がします。早く人間に

近いサルなどの動物の移植実験を試みて欲しいと思い

ます。何億年も生き延びているゴキブリの生命力は

脳の中の抗生物質にもその一因があったとは、いやはや

驚きの限りです。多剤耐性遺伝子を持つ細菌の問題が

院内感染にて広がりを見せている昨今、早い段階での

臨床試験をお願いしたく存じます。



 乾癬は感染症ではありません。笑

  

************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-08-09 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.354 平成21年9月16日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 2型糖尿病に関連する遺伝子変異

2) 「勝者」の脳の反応



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 2型糖尿病に関連する遺伝子変異



 肥満や生活習慣が引き金になる2型糖尿病に関連する

遺伝子変異2個を新たに発見したと、東京大と

理化学研究所などのチームが9月5日付米科学誌

ネイチャージェネティクス(電子版)に発表しました。



 遺伝子変異は、個人によって遺伝子の塩基配列が

1カ所だけ異なる一塩基多型(SNP)です。

このタイプによって、発症の危険性が最大1・19倍に

なるということです。チームの山内敏正(やまうち・

としまさ)東大特任准教授は「肥満や年齢など、ほかの

要因と組み合わせると、糖尿病に6倍かかりやすい人を

見つけられるようになる」と話しています。



 チームはまた、既に欧米で2型糖尿病と関係がある

とされるSNP26個のうち、11個が日本人にも

関係があることを確認しました。合計で13個のSNPが

日本人の糖尿病発症の危険性を高めるとしています。

今回発見した2個のうち、一つは欧米人でも関係するが、

もう一つは日本人を含めた東アジア人だけに関係する

ということです。



 チームは、国内の2型糖尿病患者さん1万数百人と、

糖尿病でない八千数百人の遺伝子を比較して解析しました。

発症との関連を突き止めた2個のSNPのうち一つは、

膵臓(すいぞう)などで働くユビキチン結合酵素の遺伝子

の中にあり、変異があると、血糖値を下げるインスリンの

分泌が減りました。



 成人が発症する糖尿病の大半は2型糖尿病です。日本人

の40歳以上の3、4人に1人が糖尿病にかかっているか、

予備軍ということです。



 懐石料理を解析する。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 「勝者」の脳の反応



 「敗者」の悔しい表情を見た「勝者」の脳の反応を、

放射線医学総合研究所(千葉市)の研究チームが

とらえることに初めて成功しました。



 脳の前頭葉と呼ばれる部位で通常より強い電気信号が

現れ、自己愛(ナルシシズム)の強い人ほど反応が

大きかったということです。神戸市で9月4日開かれた

日本神経科学学会など3学会の合同大会「ニューロ

2010」で報告されました。



 他人の幸福や不幸に対し、同じ気持ちを抱く心理状態が

「共感」と呼ばれるのに対し、野球やサッカーなどの試合

で勝者が敗者の悔しい表情を見て喜ぶ感情は「反共感」と

呼ばれています。



 研究チームは、反共感の際、実際に反応する脳の部位を

確認するため、トランプで数の大きい方が勝ちとなる

単純なゲームを実施しました。敗者の悔しげな表情を見た

勝者では、前頭葉の前部帯状回と呼ばれる部位に現れる

「フィードバック関連陰性電位」という電気信号が、

通常よりも強く脳波計で測定されました。



 被験者に自己愛度を測る心理テストも受けてもらったところ、

自己愛の強い人ほど、この電位が高くなりました。一方、相手に

同情しがちな人では、電位はあまり変わりませんでした。



 チームの山田真希子研究員は「自己愛性人格障害など様々な

対人関係障害の病態理解につながる」と話しています。



 自己愛は、事故藍ではありません。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 糖尿病関連の遺伝子が見つかったことは素晴らしい

と思います。予備軍の人は本当の糖尿病に移行しない

ように、また糖尿病患者さんでは、遺伝子治療が進む

ことを期待したいと思います。数多くの反共感を

経験してきたタイガーウッズも今や、対戦相手から

反共感の感情を抱かれる毎日でしょう。



 他人の不幸は蜜の味に満つ。笑

 

************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-08-02 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.353 平成21年9月9日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 体内時計遺伝子の活動を体毛の根元の細胞で測定

2) 片頭痛の原因遺伝子





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 体内時計遺伝子の活動を体毛の根元の細胞で測定



 24時間周期で働く「体内時計」をつかさどる時計遺伝子

の活動を、体毛の根元の細胞で測定する技術を、山口大や

佐賀大などのグループが開発し、8月24日付の米科学

アカデミー紀要に発表しました。



 体内時計の乱れは睡眠障害や糖尿病、動脈硬化などに

つながるとされており、山口大の明石真(あかし・まこと)

教授(時間生物学)は「技術が実用化できれば、こうした

病気の予防や診断に役立てられる」と話しています。



 グループは成人の男女計4人から数時間ごとに頭髪や

あごひげを抜かせてもらい、根元の細胞を採取しました。

遺伝子の活性が高まると細胞内で増加する「メッセンジャー

RNA(mRNA)」の量が、時間によって変化するのを

検出できるか調べました。



 検出に成功したのは3種類の時計遺伝子のmRNAだった

ようです。変化のパターンは1日周期で、早起きの人は

ピークの時刻が早いなど、mRNAの量の変化が生活習慣に

対応していました。



 さらに、早朝出勤の早番と、深夜勤務の遅番を1週間交代

でこなす工場の男性従業員6人を調べたところ、生活リズム

の急激な変化に体内時計が適応しきれず、慢性的な時差ぼけ

状態に陥っていることが分かりました。



 グループによると、毛根の細胞は血液や口内粘膜の細胞に

比べ大量のmRNAが得られるなど、体内時計の状態把握に

適しているということです。



 交替勤務は後退する。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 片頭痛の原因遺伝子



 頭がズキンズキンと痛む片頭痛の原因遺伝子のひとつを

発見したと、東京大の関常司(せき・じょうじ)講師

(腎臓病学)やベルギー・ガストフイスベルグ大などの

研究チームが8月23日付の米科学アカデミー紀要

(電子版)に発表しました。病気の詳しい原因解明や、

この遺伝子を標的にした治療薬の開発が期待されています。



 研究チームによると、片頭痛は国内に約1千万人の患者さん

がいるとされています。月に1~2回、多い人では週に

1~2回痛みが起こり、治まると何の症状も残りません。

発症の詳しい仕組みは解明されていませんが、神経細胞の

過剰な興奮が原因とみられています。



 関さんらは、腎臓などの細胞膜で働き、全身の水素イオン

濃度の調節に関係する「NBCe1」という遺伝子に

異常がある人の中に、片頭痛の患者がいることに注目しました。



 培養細胞を使った実験などから、この遺伝子が脳内でも

重要な役割を果たしていることを突き止めました。遺伝子に

異常があると神経細胞の興奮を制御する水素イオン濃度の調節

ができなくなり、片頭痛につながるということです。



 変な頭痛が片頭痛ではありません。笑





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 体内時計の状態把握は、生活習慣病の予防に

つながるでしょう。毛を抜かれるのは、一寸

痛いけど(脱毛症の人はもっと痛いけど)

体内時計の状態把握ができるようになります。

抗がん剤を用いた治療でさえ、体内時計の

仕組みを取り入れるという流れになりつつ

あります。早く予防体制がしっかりして病気を

確実に予防できるようになるといいですね。

片頭痛は、未だに謎が多い病気です。その原因

遺伝子が一つ分かっただけでも大発見と言える

でしょう。



 大発見は、八犬伝。笑

 

************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント