最新号より100号前のメルマガ

2012-07-26 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.352 平成21年9月2日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) がんワクチンによる免疫療法

2) 「PPARγ(ガンマ)」にセロトニンが結合





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 がんワクチンによる免疫療法



 がんワクチンによる免疫療法の研究を進めている

北海道大遺伝子病制御研究所のグループは8月17日、

新型のワクチンを使った臨床試験で一定の効果が

得られたと発表しました。



 がんのワクチン療法は、がん細胞表面の小さな突起

(ペプチド)を目印に、免疫細胞ががん細胞を攻撃する

のに着目した治療です。人工的に作ったペプチドを注射

することで、体内に免疫細胞が大量にでき、がん細胞

を攻撃します。



 これまでのワクチンはがん細胞を直接攻撃する

「キラーT細胞」を増殖させる効果がありましたが、

研究グループは免疫調節の司令塔役を果たす

「ヘルパーT細胞」も同時に活性化するペプチドを

人工的に合成しました。そのペプチドをワクチン

として活用しました。



 昨年から北大病院などで始めた臨床試験で、6例の

うち4例でがんに対する免疫力が向上しました。抗がん剤

や放射線による治療が効かない進行乳がんに投与した

近畿大病院(大阪府)の例では、CTスキャン上でがんの

転移した部分が完全に消えたことが確認されました。



 研究グループの西村孝司(にしむら・たかし)教授

(免疫学)は「まだ安全性試験の段階だが、良好な結果が

得られた。製薬会社との連携などでさらに開発を進めたい」

と話しています。



 がんワクチンの実用化が、がんがん進んで欲しい。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 「PPARγ(ガンマ)」にセロトニンが結合



 糖尿病などに関係するたんぱく質「PPARγ(ガンマ)」

に、神経伝達物質セロトニンが結合すると脂肪蓄積の調節など

が進むことを、大阪大などの研究グループが解明しました。

幅広い糖尿病治療薬の開発が期待され、論文が欧州の科学誌に

掲載されました。



 PPARγは、脂肪酸と結合すると活性化し、糖の分解を

行い、体重のコントロールや血中の糖の量を調節するきっかけ

となる働きをします。現在の糖尿病治療では、この後、

インスリンの機能をコントロールする薬を投与します。

研究グループは、たんぱく質などの結晶にX線をあて、

セロトニンも脂肪酸と同じようにPPARγにくっついている

ことを発見しました。脂肪酸が結合した時と同じ働きを

していることを突き止めました。



 脂肪酸は結合の志望さんではありません。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 がんワクチンがこれ程進化して、臨床試験まで

行われていたとは、驚きです。温熱療法に較べ

身体の負担が少ないので、何をしても良くならない

末期のがん患者さんには、有望な治療でしょう。

PPARγは、不思議な物質です。脂肪酸だけで

なくセロトニンとも結合して、糖や脂質の代謝に

関係するなど、まだまだ研究の余地があるよう

です。私が習ったのは、インシュリンの感受性を

改善するということだったと記憶しています。

さらなる研究の成果が生かされると糖尿病の治療も

格段に進歩するでしょう。



 各団が格段に進歩する。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-07-18 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.351 平成21年8月26日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) ほとんどの抗生物質が効かない新種の細菌

2) アミロイド・ベータの遺伝子を組み込んだピーマン



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 ほとんどの抗生物質が効かない新種の細菌



 インド、パキスタンが発生源とみられ、ほとんどの

抗生物質が効かない新種の細菌に感染した患者が欧州など

で増えており、ベルギーで8月16日までに最初と

みられる死者が確認されました。欧米メディアによると、

英国、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、米国、

カナダ、オーストラリアで感染が確認され、今後さらに

拡大する恐れがあるということです。



 英医学誌ランセット最新号によると、何種類かの細菌

が「NDM1」と名付けられた遺伝子を持ち、ほとんど

すべての抗生物質に対して耐性を持つようになりました。

こうした細菌に感染すると死亡率が非常に高くなるため、

感染への監視強化と新薬の開発が必要だと話しています。



 同誌によると、英国では約50件の感染が確認されて

います。感染者の多くは、医療費の安いインドや

パキスタンで美容整形手術などを受けており、同誌は

感染源は両国との見方を示しています。



 ベルギー・メディアによると、新たな細菌に感染した

男性が死亡したのは今年6月です。男性は旅行中に

パキスタンで交通事故に遭い、現地の病院で手当てを受け

ました。ベルギーに戻った時には既に感染しており、

投与した抗生物質も効かなかったということです。



 インド保健省は、感染源をインドと関連づけることに

反発し「インドへの医療目的の観光は安全だ」と主張して

います。



 核をもっている国が角のある感染症を生み出した。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 アミロイド・ベータの遺伝子を組み込んだピーマン



 アルツハイマー病の原因とされるたんぱく質を含む

ピーマンを食べると、この病気の予防につながる効果が

あることを、東京大学の石浦章一教授らがマウスの実験

で確認しました。「食べるワクチン」として臨床応用が

期待されています。米科学誌に発表されました。



 アルツハイマー病の患者の脳(大脳皮質)には、

アミロイド・ベータというたんぱく質が沈着・凝集し、

老人斑ができています。これが認知機能の低下などを

起こすと考えられています。



 免疫の働きを利用し、素早く大量の抗体を作り出して

このたんぱく質を除去させるため、米国でアミロイド・

ベータをワクチンとして注射する臨床試験が行われた

ことがありますが、過剰な免疫反応による副作用が問題

となり、中止になりました。



 石浦教授らは、注射でなく食べて腸から吸収すると、

副作用が起こりにくいことに着目しました。アミロイド・

ベータの遺伝子を組み込んだピーマンを作り、その青葉

を青汁にして、アルツハイマー病を発症するように

遺伝子を操作したマウスに与えました。何も与えなかった

マウスは発症して1年ほどで死にましたが、青汁を与えた

マウスは16か月以上生存し、脳に老人斑は見られません

でした。副作用も少なかったということです。



 石浦教授によると、アミロイド・ベータを含む米などを

作れば、人間が食べやすくなるということです。



 駐車違反で、注射しても予防できない認知症。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 そら恐ろしい感染症が猛威を振るっています。

バリ島では、狂犬病が流行し、たくさんの死者

を出しています。早期にワクチンを打たないと

死に至る病ですので、バリ島に遊びに行きたい

と考えている人は、充分注意することが必要です。

またインドとパキスタンからの帰国者で全ての

抗生物質に耐性の細菌が検出されたと言うのは

本当に恐ろしい事です。これら感染症の広がり

を何処まで食い止める事ができるか、注意深く

見守る必要があるでしょう。遺伝子組み換え

作物で認知症が予防できるなら、素晴らしい事

です。遺伝子組み換え食品の安全性さえクリアー

できれば、予防はどんどん進化するものと考え

られます。



 バリ島でバリバリ狂犬病が流行る。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-07-12 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.349 平成21年8月12日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 発生や生命維持に不可欠である極小遺伝子

2) 不妊を回避するメカニズム







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 発生や生命維持に不可欠である極小遺伝子



 生命活動に大きな役割を果たさない「遺伝子のごみ」と

考えられてきた小さな遺伝子が、発生や生命維持に不可欠

であることを、自然科学研究機構基礎生物学研究所

(愛知県岡崎市)のチームがショウジョウバエで

初めて突き止め、米科学誌サイエンスに発表しました。



 生命活動を支える多様なたんぱく質は、遺伝子の情報を

基に、平均400個のアミノ酸が連なって作られます。

それより小さい極小たんぱく質は「ペプチド」と呼ばれます。



 同研究所の影山裕二・特任助教(分子遺伝学)らは、

わずか11個のアミノ酸からなる世界最小のペプチドを作る

「pri遺伝子」を07年に発見しました。その機能を

ショウジョウバエで詳しく調べました。



 pri遺伝子には、幼虫がはい回るのに欠かせない腹側の

突起構造を作る遺伝子が働き出すスイッチの役割があり、

さなぎから成虫になるなどの段階で重要な役割を担って

いました。先天的にこの遺伝子を持たないショウジョウバエは

ふ化せず卵の段階で死に、発生にも深くかかわっていました。



 従来の遺伝子研究は、大きいたんぱく質を作る遺伝子が

主な対象でした。一方で、ペプチドを作るこうした極小遺伝子

はヒトにも推定3000個あるとされますが、機能はほとんど

分かってません。影山さんは「新分野として今後、さまざまな

未知の機能が見つかるかもしれない」ということです。

ペプチドが生体内で示す血圧降下や中性脂肪低下などの作用を

食品・医薬品に応用する研究が進んでおり、この遺伝子群の

研究が開発を促進する可能性もあるということです。



 昨日未知の機能が見つかった。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 不妊を回避するメカニズム



 ショウジョウバエに、精子をつくる幹細胞を効率よく

増やして不妊を回避するメカニズムがあることが、

7月26日までの自然科学研究機構基礎生物学研究所

(愛知県岡崎市)の小林悟(こばやし・さとる)教授ら

の研究で分かりました。米科学アカデミー紀要電子版に

掲載されます。



 小林教授は「人の不妊治療の研究に役立つ可能性がある」

と話しています。



 研究チームによると、多くの生物の精巣には「ニッチ細胞」

と呼ばれる細胞があり、それに接する始原生殖細胞が

精子幹細胞になり、精子をつくり出しています。不妊の一部

は、病気などで始原生殖細胞が減少して起きると考えられて

います。



 研究チームは今回、ショウジョウバエにニッチ細胞を増やす

遺伝子と、減らす遺伝子を発見しました。通常は二つの遺伝子

の働きが保たれ、一定数の精子が生み出されていました。



 一方、始原生殖細胞が減少すると、ニッチ細胞を減らす

遺伝子の働きが抑制されてニッチ細胞が増加し、

始原生殖細胞が精子幹細胞になるのを助けていました。



 こうした結果から、効率よく精子幹細胞がつくられるように

なり、不妊を回避するメカニズムが働いていたと結論

付けました。



 生死を誓詞した精子たち。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 いずれもショウジョウバエの研究で明らかに

なったので、臨床応用するにはまだ時間がかかり

そうです。血圧やコレステロール、中性脂肪など

が簡単にペプチドの研究からコントロールされる

ようになれば、画期的な薬も生まれることでしょう。

X染色体の劣化から、精子を作る機能が人間でも

衰えてきているということが明らかになっています。

今後ますます男性側の要因による不妊症の発症が

多くなると考えられ、早く治療に応用されることが

望まれます。



 車の劣化からレッカー移動。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-07-12 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.350 平成21年8月19日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 前立腺がんを発症しやすくなる遺伝子

2) 触覚を伝える手術支援ロボット





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 前立腺がんを発症しやすくなる遺伝子



 前立腺がんを発症しやすくなる遺伝子の特徴を、

理化学研究所と東京大などの研究チームが突き止め、

8月1日付の米科学誌ネイチャー・ジェネティクス

(電子版)に発表しました。事前に遺伝子を調べる

ことで、早期発見に役立つ可能性があります。



 遺伝子の種類は、塩基と呼ばれる4種類の

化学物質の並び方で決まります。研究チームは、

並び方が1カ所だけ本来と異なる「SNP

(1塩基多型)」と呼ばれる遺伝子の個人差に注目

しました。患者さん4584人と健康な8801人の

遺伝情報を比較しました。



 その結果、欧米の研究で前立腺がんとの関連が

知られる31カ所のSNPのうち、19カ所が

日本人と関係していることが判明しました。また、

日本人にのみ関連する5カ所の新たなSNPを

見つけ、うち1カ所は、性ホルモンを作る遺伝子

に関連していました。これら計24カ所のSNPの

いずれかを持つ人は、通常の人より1・13-1・75

倍も前立腺がんにかかりやすいことも分かりました。



 奸計に関係する。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 触覚を伝える手術支援ロボット



 遠隔操作するロボットの「手」を通して触覚が伝わる

手術支援ロボットを慶応大が開発し、8月4日公開

しました。触覚を伝える手術用ロボットの開発は世界初

ということです。エックス線写真などで発見が難しい

場所のがんの触診や、より難度の高い手術が可能に

なると話しています。理工学部の大西公平教授と、

医学部の森川康英教授らが共同で開発しました。



 遠隔操作による手術支援ロボットは多くの場合、

患者の腹部に小さな穴を開けて微小なカメラや器具を

挿入し、腫瘍(しゅよう)などを切除する手術に

使われています。しかし従来のものは、患部を触る感覚

が得られませんでした。



 新しいロボットは、医師の手の動きに応じて動いた

ロボットの「手」に当たる鉗子(かんし)の体内での

挙動を1秒間に1万回という精密な計算で再現します。

医師は実際に患部を触っているような手応えを感じ

られると言うことです。大西教授は「医師が直接

触れない感染症患者の治療にも応用できる」と話して

います。



 幹線道路で感染する。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 前立腺がんの発症に関わる遺伝子が見つかった

ことで予防に役立てることができるのではない

でしょうか?発症の確率が高い人のみ、がん検診と

いう時代がやってくるのではないでしょうか?

内視鏡のロボット技術の進歩には驚かされます。

大学病院に勤めていたころ、血小板減少性紫斑病

や慢性骨髄性白血病などで脾臓の摘出手術をお願い

することがありました。腹部に穴を4箇所空ける

だけで巨大な脾臓を取り出せるということが

不思議でありました。悪性腫瘍の手術では、触覚

がとくに重要ではないかと推測されます。益々の

進歩が期待されるところです。



 巨脾の手術を拒否する。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

健康診断に特化したサイト

2012-07-12 00:00:00

カテゴリー:ブログ

当クリニック近隣の企業経営者の方にお知らせ致します。当クリニックでは、簡単な健康診断を行っています。健康診断は出張で行うことはできませんが、労基署の基準にもとづいて行う健康診断ともっと簡単で格安な健康診断の大まかに分けて4種類の検診を行っています。詳しくは、以下の健康診断に特化したページをご参照願います。ちなみに65歳以上の役所(川口市役所、足立区役所)が出している健康診断はできません。何卒、ご検討の程よろしくお願い致します。電話03‐5837‐2162 健康診断に特化したページを立ち上げました。アドレスは以下の通りです。



www.sourcherrypottery.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント