最新号より100号前のメルマガ

2012-05-25 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.343 平成21年7月1日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 骨折の治癒を早めるタンパク質

2) 自閉症の原因





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 骨折の治癒を早めるタンパク質



 骨折した患部に細胞増殖を促すたんぱく質を注入

すると、治癒を大幅に早める効果があることを、

東大病院のグループが臨床試験で確かめました。



 すねの骨折では治療期間が約4週間短縮されます。

実用化すれば、松葉づえが必要な期間を短くでき、

糖尿病などが原因で骨折が治りにくくなっている人

の治療にも役立ちそうです。



 同病院整形外科・脊椎(せきつい)外科の

中村耕三教授らは、骨や皮膚の細胞を増殖させる

FGF-2というたんぱく質を利用しました。

国内48施設の協力で、治療に時間がかかる、

すねの骨を骨折した直後の患者さん71人を対象に、

FGF-2を患部に注射した47人と、

注射しなかった24人とで効果を比較しました。



 その結果、FGF-2を注入した患者さんは14週間

で半数が治癒しました。24週間後に治りきらなかった

のは1人だけでした。一方、注入しなかった患者のうち

半数は治るまでに18週間かかり、24週間後も4人が

完治しませんでした。



 グループの川口浩准教授は「骨折が治りにくい人は

繰り返し折れたり、骨が変形したりしやすい。今後、

最終的な臨床試験を実施し、早期の実用化を目指したい」

と話しています。



 骨が折れるのは、注射の手間。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 自閉症の原因



 新生児100人に1人の割合で生じるとされる

脳の機能障害「自閉症スペクトラム」が、複数の遺伝子

のコピーミスから起きる可能性があることが、

英オックスフォード大などの研究で分かりました。

症状や問診をもとにしてきた診断法の改善につながる

成果で、6月10日、英科学誌ネイチャー(電子版)

に掲載されました。



 自閉症スペクトラムは、他者とのコミュニケーション

や社会性の発達に遅れが見られるということです。

自閉症のほか、知的障害がなく特異な才能を発揮する

「アスペルガー症候群」なども含み、症状の多様さから

「スペクトラム(連続体)」と呼ばれています。



 チームはヨーロッパ人の患者さん996人と健康な

1287人のゲノム(全遺伝情報)を比較しました。

その結果、父と母から一つずつ受け継ぐべき遺伝子が

一つ足りなかったり、三つになるコピーミスが、

患者さんは健康な人より平均19%多く、健康な人

ではめったに起きない遺伝子で起きていました。

コピーミスは「コピー数多型(たけい)」と呼ばれ、

健康な人では病気のかかりやすさや薬の効き方の

個人差として表れます。チームは、鍵となる遺伝子の

複数のコピーミスが発症につながると推測されて

います。



 理化学研究所の古市貞一・分子神経形成研究チーム長は

「自閉症スペクトラムは早期に診断されれば改善が期待

できる。今回の成果は科学的診断法確立に向けた基本情報

になる可能性がある」と話しています。



 武井さんが遺伝子多型を発見した。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 骨折を早く治す方法としては、画期的と言える

でしょう。治りにくい骨折の患者さんに早く保険

適応して欲しいものです。自閉症は、その診断が

症状や問診に頼っていたという経緯があります。

遺伝子のミスコピーが原因なら診断がよりクリアー

カットに行われるようになるでしょう。ただ症状

や問診に頼る診断も科学的と強弁する人もいる

ので、遺伝子診断と言い換えた方がよろしいかと

思われます。



 猩々のような症状。笑





************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-05-18 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.342 平成21年6月24日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) アレルギーの発症を抑える分子

2) 肥満治療に使えるタンパク質





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 アレルギーの発症を抑える分子



 花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの発症を

抑える分子を突き止めたと、渋谷彰(しぶや・あきら)筑波大教授

(免疫学)らが6月6日付の米科学誌ネイチャーイムノロジー

電子版に発表しました。



 渋谷教授は「この分子の活動を強める薬を開発すれば、

アレルギーを抑える根本的な治療につながる」と話しています。



 渋谷教授らによると、花粉やダニなどのアレルギーの原因

となる抗原が体内に侵入し、「IgE」という抗体と結び付き、

肥満細胞と結合すると、肥満細胞から炎症を引き起こす

ヒスタミンなどの化学物質が放出されてアレルギー症状が

出るということです。



 渋谷教授らは、特定のアミノ酸配列を持つ分子が肥満細胞の

活性化を抑えると予測し、人間の肥満細胞の細胞膜上で、

この配列を含む分子を特定しました。この分子に刺激を加える

と活性化し、肥満細胞から放出される化学物質は約半分に

抑えられました。渋谷教授らはこの分子を「アラジン1」と

名付けました。



 遺伝子操作でアラジン1を持たないマウスを作り、抗原と

IgE抗体を投与すると、通常のマウスと比べ激しい

アレルギー反応が出ました。



 渋谷教授は「アレルギー症状の発症の仕組みは、マウスも人間

も基本的に共通で、アラジン1の活動を強める薬の開発に役立て

たい」と話しています。



 アラジン1は、魔法のランプのようにアレルギを止められる。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 肥満治療に使えるタンパク質



 細胞内で脂肪のもととなる物質ができるのを妨げたり、

脂肪を溶かして減らしたりする作用があるタンパク質を

見つけたと、宮崎徹(みやざき・とおる)東京大教授

(疾患生命科学)らが6月8日付米医学誌

セルメタボリズムに発表しました。



 宮崎教授は「肥満治療の新薬開発につながる可能性

がある」と話してます。



 脂肪細胞には脂肪の貯蔵庫となる「脂肪滴(しぼうてき)」

があり、滴(しずく)の数が増えたり脂肪を蓄えて大きく

なると肥満になります。



 宮崎教授らは、免疫細胞の一種が分泌する「AIM」

というタンパク質が体重の増減に関与することに着目

しました。



 脂肪のもととなる「脂肪酸」を糖から合成する酵素の働きを、

AIMが抑制していることを突き止めました。AIMは

脂肪細胞の前段階の前駆細胞が成熟するのを抑制、細胞外

から脂肪酸を取り込めないように働いていました。



 培養した脂肪細胞にAIMを加えると、脂肪滴が溶けて

3日後には大きさが約4分の1になりました。脂肪酸の不足

を補うよう滴の脂肪が分解されるようです。



 AIMを分泌しないよう遺伝子操作したマウスは、通常の

マウスより体重増加が多くなりました。



 太り始めると血液中のAIM濃度が高まることも判明しました。

AIMは太りすぎを抑える役割を果たし、その能力を超える

脂肪蓄積が進むと肥満になることが推測されます。



 宮崎教授は「AIMはもともと人間が持つタンパク質なので

副作用もない。肥満になってから投与しても効果がある」と

話しています。



 副作用のない抗肥満薬の開発が期待されます。脂肪蓄積は

死亡蓄積。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 アトピー性皮膚炎などの難治性アレルギー性疾患の

治療にアラジン1が役立つ時がきっとくると信じて

います。現在食物アレルギーには、減感作療法しか

ないようですが、アラジン1の発見により治療に進展

があるかもしれません。今までの抗肥満薬には、

依存性があったり、肺線維症などの副作用がありました。

AIMによって肥満が治療できるようになれば、これらの

薬を使わなくても済みます。



 依存症になるのに異存あり。笑





************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-05-07 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.340 平成21年6月10日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 重症化すると死亡することもある感染症

2) 腱の発達に重要な働きをする遺伝子





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 重症化すると死亡することもある感染症



 犬や猫の口内に常在する細菌が、かまれたり引っかかれたり

した人に発熱や腹痛などを引き起こす「カプノサイトファーガ・

カニモルサス感染症」で、2002-09年の8年間に14人が

発病し、うち6人が死亡していたことが、厚生労働省のまとめ

で分かりました。



 同省は、ホームページで「めったに感染しないが、高齢者や

病気で免疫が低下している人は重症化しやすい」と指摘して

います。エサの口移しなど過度な接触を控え、さわった後は

よく手を洗うよう、注意を促しています。



 カプノサイトファーガ症の調査・研究をしている国立感染症

研究所獣医科学部の鈴木道雄主任研究官に話しを聞きました。

「最初の患者報告は1976年アメリカでのこと。89年に

カプノサイトファーガ菌と命名されました」。それ以降世界で

約250例報告されており、日本では2002年に最初の死亡者が

報告され、現在までに14例が(そのうち6例が死亡)知られています。

「ただこの菌は突然現れたわけではありません。恐らく人間と犬猫が

一緒に暮らすようになった大昔から存在していた菌です」とのこと。

新種の菌ではなく、医療が進んで原因菌として判明しました。



 積極的に調査して軽症の人も多く存在することがわかってくれば、

本当の死亡率は低い可能性もあるということです。事実、オランダの

患者調査では死亡率は約12%とされており、また発症するのは

人口100万人あたり0.7人(オランダ)、0.5人(デンマーク)

という報告もあります。未知な点が多く、患者数が少ないので

研究にはまだ時間がかかるということです。



 しかし死亡する可能性があるのは否めず、傷の大きさや深さに

関係なく感染する可能性があり、傷を舐められて感染した例も

あるので楽観はできません。口腔内細菌をゼロにすることは

できないので予防は難しいけれど、「比較的有名な猫ひっかき傷や

パスツレラ症と同じ、咬傷や掻傷の際の感染症のひとつとして

カプノサイトファーガ症もあると知っておくことは大事でしょう。

発症予防と治療に有効な抗生物質もあります。体に異常を感じたら、

早めに医療機関を受診することが大切」と鈴木先生は話しています。



 常在戦場は、錠剤洗浄。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 腱の発達に重要な働きをする遺伝子



 筋肉と骨を結合して筋肉の力を骨に伝え、動きの要となっている

腱(けん)が発達する際に重要な働きをする遺伝子をマウスで

見つけたと、国立成育医療研究センターの浅原弘嗣

(あさはら・ひろし)システム発生・再生医学研究部長ら

が5月24日付米科学アカデミー紀要電子版に発表しました。



 アキレス腱などの腱は、栄養を運ぶ血管が少なく再生力が

非常に弱いため、断裂した場合の治療が難しいことが知られて

います。こうしたけがの新しい治療法開発につながる可能性が

あるということです。



 浅原部長らは、筋肉など体の部位を作る際の司令塔の一つ

「Mohawk」という遺伝子が、腱の細胞だけで働いている

ことに注目しました。この遺伝子を持たないマウスを遺伝子操作

で作ったところ、腱が未成熟なマウスが生まれました。



 このマウスは、コラーゲンを主成分とする腱のらせん状のひもが

十分な太さに発達せず、引っ張りに対する強度は通常のマウスの

約半分しかありませんでした。



 浅原部長は「先天性の腱の病気の原因解明にもつながる可能性

がある」と話しています。



 けんけんのしすぎが腱に負担をかける。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 人畜共通症とは、人間と動物が共通になる病気です。

しかし、カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症

は、動物には病原性はなく、人にのみ病原性がある

感染症です。治療には、βーラクタマーゼ阻害剤入り

ペニシリンが用いられるようです。アキレス腱と言う

ように不死身のアキレスですら弱点といわれた腱の

再生は、非常に時間がかかると言われています。

腱の再生に関わる遺伝子の全貌を早く明らかにして

欲しいものです。



 遺伝子操作を捜査する。笑

   

************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント